リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる

確実性の高いダイエットをするためには、リバウンドや停滞期についての知識を深め、メカニズムを把握することです。明らかなメカニズムがリバウンドにはありますので、ダイエットプランをつくる時には、まずその点を踏まえておくことです。短い期間で急激なダイエットをしようとすると、飢餓状態になった体は、エネルギーを貯めこもうとします。食事の供給が滞っても、生命機能を維持できるようにと、極端なカロリー制限を受けた身体はエネルギーの消費量をできるだけ減らします。少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、ダイエットにはまったく逆の効果として働いてしまいます。これまでと同様にダイエットを続けているのに、一向に体重が減らない停滞期に入ると、ダイエットを継続する意欲がくじけてしまうこともあります。痩せるためとはいえ、空腹状態を我慢し続けることや、好物が目の前にあっても食べることができないことは、メンタルを削ってしまいます。停滞期に入ってもダイエットを継続できるようにしておくには、あらかじめ停滞期に対する準備を済ませておくことです。カロリー制限をメインにしたダイエットをしていると、筋肉が衰えて、基礎代謝の低い体になってしまいます。ダイエット後のリバウンドは、食事制限などで体重を落としても、筋肉量の減少によって代謝が下がっている時に、食事量を戻してしまった時に起きます。リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、エネルギー源として必要な食事量を確保して、同時に運動も行わなければいけません。体が必要としている分だけの食事をして、適度に体を動かす習慣をつけることが、リバウンドしないダイエットになります。

リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる