ミラドライとは?

わが国では古くから、「男は外に7人の敵がいる」と言われていました。「男は敷居をまたげば7人の敵あり」ということわざです。

これは、男が家を出て仕事などをはじめると、必ず多くの競争相手や敵対関係にある相手がいるということを肝に命じておくように。という意味でした。

 

しかし、現代の男の敵は、外よりも中に住んでいます。それは一体何でしょう。

 

思春期を越えたあたりから、男性の体にはヒゲなどの体毛や体臭といった、それまでにない変化が現れます。同時に、将来的にハゲてしまうことも気になるものです。体の各所にあるムダ毛を見ながら、「これが頭に生えてくれば・・・」と思う人は決して少なくはないでしょう。ところで、ムダ毛と体臭については、治療やグッズを使うことによってある程度の改善ができます。

 

特に体臭については、悩み多き若い男性にとって、最も解決したい悩みの1つです。というのも、女性は匂いに敏感なものですし、相手が女性でなくても「あいつ臭いなぁ」と思われるのはまっぴらごめんです。それに、度を越した臭いは周囲の人を不快にしますし、作業などの集中力も、そのせいで低下してしまいます。このように、きつすぎる臭いというのは自分にとっても他人にとってもデメリット以外の何者でもないのです。

 

そんな臭いの悩みを解決するため、人間は古くから色々な方法を考案してきました。その中でも、最近注目を集めているのが「ミラドライ」と呼ばれる手法です。あまり耳にしたことのないミラドライ。それも当然で、アメリカで話題となり、日本で施術を受けることができるようになったのはつい最近のことです。

ここでは、ミラドライとは何なのか。どのような施術をするのか。それによってのメリット、デメリット、そもそも体臭や発汗が多い原因はといったことについて見ていきたいと思います。

 

体臭や汗の悩みは、決して男性だけのものではないでしょう。こうした悩みを人知れず解決したいと考える女性にとっても、ミラドライはとても気になる存在です。ぜひ色々と知っておきましょう。

ミラドライのリスク

良いことも多いミラドライですが、デメリットやリスクがまったく無いわけではありません。

 

まず、体の一部を切開する方法ではないため、出血はありませんが、原理としては熱によって汗腺を破壊するため、施術には麻酔は不可欠です。

麻酔のリスクはそれなりにありますし、麻酔自体が体質的に利用できない人は、ミラドライを受けるのを諦めなければなりません。

麻酔が効いているため、施術中に痛みを感じることはありませんが、麻酔が切れたあとは、しばらくの間は軽い炎症を受けた時のようなひりひりした感じや、場合によっては肌荒れや腫れが発生する場合があります。

 

このように、熱を利用しての施術になるため、施術を受けたあとは、体の血液のめぐりが良くなるような行為は控えなければなりません。具体的には激しい運動や飲酒、入浴といった行為は数日間はしない方が良いでしょう。シャワーに関しては施術当日でも可能ですが、それもあまり温度の高くないお湯で、施術箇所をあまり濡らさないようにしなければなりません。

最大のリスクはコストでしょう。多くのクリニックは35~50万円程度の治療費を設定しています。効果が高いとはいえ、場合によっては満足のいく結果を得られない可能性があることを考えれば、この価格はリスクが高いと言わざるをえません。

 

さらに、この治療は基本的に正規の医師が行っているのですが、中には医師資格を持たない人が施術をするがあります。手術と同様、治療する人の技量にも結果が左右されますので、経験を積んだ医師が施術することを事前にきちんと確認しておく必要があります。